限られたスペースを活用できるバイクトランポにおすすめの収納ボックス!

 

バイクを積む時には、バイクだけではなく、バイクの周りの物、そして日常使いの物など、たくさんの物を積み込みますよね!

積むものは形も様々!でも車内は限られたスペース…。

そんな時は、隙間を有効に使って収納していくのがポイントです(^^)/

 

 

バイクを積む時、実はバイク周りはデットスペースがたくさんあるんです!

そこで収納を設置して、バイク周りのデットスペースを解消したいものです。

 

  

そんな要望をかなえてくれるのがGLADのモトボックス!!

モトボックスというのは、ハイエースのこのタイヤハウスの出っ張りがある部分を覆い隠すように造られたボックスです!

実際に取り付けたものが・・・こちら!

 

 

タイヤハウスの出っ張りを覆った上に、ナント収納スペースが出来上がりました!

空間を無駄なく使ってデッドスペースを極力なくした、機能的な収納BOXです。

 

とはいっても、これだけだと実際にどう使うのかわかりにくいと思うので実際にバイクとバイク廻りの物を積んでみると・・・

 

 

バイクを積んだ時にできてしまう右側の隙間!!

ここに、こんなにたくさんの物が納まります。

 

モトボックスは、バイクを積んだ時のサイズ感で設計されている、まさにライダー目線で開発されたアイテム!

というのも、「モトボックス」はライダーの発想から生まれたものです!

 

 

ポイントはこのアルミ縞板部分です

ここは、バイクの載せ降ろしに必要なラダーレールを置くのにピッタリのスペース!

ご覧の通り、スッキリ収納できて、すぐに出し入れます。

ラダーレールは場所を取るので、このようにコンパクトに収まるのは嬉しいですね。

 

 

そして、ラダーレール置き場とのわずかな隙間にも引出しがつくられています。

引出しの高さは6cm弱ありますので、工具やメンテナンスグローブを収納するのに十分な高さがあります。

工具箱代わりとして活用できる引出しは、常に載せておきたい工具類、予備のパーツなどを収納できますよ(^^)

引出しはプッシュロック付きなので走行中の振動で勝手に開いたり閉じたりしないので安心♪

僅かなスペースを工具の収納スペースとしても活用するアイデア!

 

 

 

ボックスはあえて短く設計し、携行缶などの重さのあるものは手が届きやすく、出し入れしやすいスペースを確保。

 

 

ケミカル類はボックス上部に立てて置くことが出来ます。

 

携行缶は手前へ、ケミカル類やラダーレールはボックス上部に、よく使う工具は引出しの中へ、、、

必要なものをサッと取り出しやすくなり、一緒に置くことであちこち探す手間も省けますね(^▽^;)

 

 

バイク回りの必需品を、もっと使いやすく、実用的に収納することができ、ちょっとしたデッドスペースも立派な収納スペースに変身できますよ!

スッキリ納まることで見た目も圧迫感のない空間になります。

 

ボディ加工なしで既存のボルト穴を利用して固定できる収納BOX。

通販でも人気のアイテムです。

GLADモトボックス

詳細はこちら

残り僅かですが、現在在庫がございます(^^)/

 

末長くお使いいただけるよう、国内生産、メイドインジャパンにこだわって、自社工場で1つ1つ丁寧に製作し、検品、梱包まで行っております。

 

 

 

FUNトラクション水川

 

 

 

WEB CATALOG

ウェブカタログ

PONZAカタログはこちら

※一部環境では閲覧いただけない場合がございます。