スイングトレーでバイク積載時のデッドスペースを活用!

 

こんにちは!今朝は冷え込んでとっても寒かったですね~。

暖かくなるのが待ち遠しいです。

 

FUNトラクションは本日も元気に営業中です。

店内は換気の為、やや寒めですがひざ掛けや足元ヒーター等もご用意しておりますのでお気軽にお声かけください。

皆様に安心してご来店いただけるよう感染予防対策を取りながら営業しております。

いつもご理解とご協力、誠にありがとうございます。

 

 

さて、FUNトラクションの店頭にはいつもGLADデモカーを展示しているのをご存知でしょうか♪

写真などではわかりにくい内装や製品の特長などを実際にご覧いただくことができます。

 

今回は、そのGLADデモカーにも搭載している「スイングトレー」についてご紹介します♪

デモカーの右リアガラスに取り付けているのがスイングトレーです。

 

この『スイングトレー』を使った空間の有効活用方法ご紹介したいと思います(^^)/

 

ハイエーススイングトレーバイク積載

 

このようにバイクを積んだ時にできてしまう右側の隙間!!

バイクを積むと、わずかなスペースができてしまい、そこがデッドスペースになってしまいます…。

仕方ない・・・と諦めるその前に!

このスペースこそ、ちょっとした工夫をすれば使えるはずの「デッドスペース」なんです!

 

 

こちらは実際にバイクを積んだデモカー内部です。

スイングトレーを活用することで、バイクの横のわずかな空間を無駄なく使うことができます。

スイングトレーはヘルメットを置くスペースとして大活躍しています(^^♪

 

 

こちらのスイングトレーは、折り畳みイス置きに活用!

デッドスペースを解消できるだけでなく、必要な時にすぐ取り出せるのでとっても便利です。

 

 

スイングトレーには、右側(運転席側)だけではく、ラインナップには左側(助手席側)もあります!

バイク積載時には、バイクだけではなく、工具やヘルメット、小物、、、とたくさんの荷物を積むと思います。

でもデッドスペースを有効活用することでトランポがより機能的な空間へと変わります!

 

 

また、このようにロードバイクや自転車を積む時にも同じようなデッドスペースができてしまいます。

このちょっとしたデッドスペースが、スイングトレーを使うことでヘルメットやグローブなどを置く立派な収納スペースに大変身!

狭い隙間や、空間を収納スペースとして活用できる便利で画期的なアイテムです。

 

ハイエーススイングトレーバイク積載

 

窓埋めパネルと一体型となっているスイングトレーは、ガラスの保護や、車中泊時のプライバシー保護、防犯対策などたくさんの機能を兼ね備えています!

トレーは可動式なので、使わない時は格納でき、荷室空間の邪魔になりにくい設計になっています。

 

GLADスイングトレー 詳細はこちら

 

あなたのおクルマにもぜひ!!

 

 

 

FUNトラクション水川

 

 

WEB CATALOG

ウェブカタログ

PONZAカタログはこちら

※一部環境では閲覧いただけない場合がございます。