冬の北海道を走行中のハイエース。その車の内装は???

 

もとGLADデモカーは北海道へ。。。北海道・硫黄山にて。またまたお客様より素敵なお写真をいただきました。

北海道年越しツーリングでは最北端の宗谷岬へ。その後も名所を巡るツーリングを楽しまれているそうです。

 

 

気になる車両の内装は、、、!?

車中泊におすすめのGLADコンテナベッドをはじめ、スイングトレー、アイデアホールプレート、長距離ドライブも快適なフットレストテーブル、セカンドシートは純正シートを取り外しSTシートへ、防音断熱や床貼り加工などなど装着されています。

 

このコンテナベッドは、収納力が豊富な片面跳ね上げベッドで、センターマットはサイドテーブル下へ収納できて、右BOXのマットもボックス前方へ収納できるようになっています。積み込む道具に合わせて車内が収納スペースとして活用できるよう様々な工夫が施されています。

 

 

センターマットを収納すると自転車やバイク、大型のクーラーボックスなど高さのある道具の積み込みも可能に。このサイドテーブルは、ベッドフレームに付属していて、テーブルとしてはもちろん、走行中に棚としても活用できる優れものです。

 

 

ベッドフレームとアイドアホールプレートにゴムひもを掛ければ荷崩れ防止もできますね!

 

 

ちなみに、自転車を支えているのは『伸縮式自転車固定バー』を『アイデアホールプレート』に取付しています。アイデアホールプレートには、一定間隔で穴が開けて合って、ハンガーも掛けられるようになっています。

 

 

また、穴の中央部分にはM6のネジが切ってあるので、後付けて棚をつくったりDIYもしやすくなります。ちなみに、そのネジのピッチは純正アシストグリップに合わせてあり、アシストグリップを増設してロッドホルダーを取付する場合も細かく位置調整ができるようになります。

 

 

アイデアホールプレートは左右セットでの販売です。右側にはGLADflameタグ入り☆彡オフロードバイクの固定にも使えるほどの強度を持っています。

 

 

つづけて荷室の窓についている可動式トレーは、『スイングトレー』

もともとはバイクを積んだ後のデッドスペースを何とか収納スペースに活用できないかな?という発想から開発された商品ですが、今ではトレーとしてだけでなく、テーブルとして活用されるお客様も多くなりました。

 

 

使わない時は格納すればリアヒーター程の幅でトレーが収まります。車中泊する時や、ちょっと車内で休憩する時に、トレーを開けばお弁当やドリンク、携帯などを置いたりするのに便利なんですよね。工夫次第でまだまだ活用できそうな可動式トレーです♪

 

 

そしてセカンドシートの足元に装着されているのが『フットレストテーブル』です。

名前の通り足載せパネル。荷物満載でセカンドシートの足元が狭い時もフットレストに脚を載せれば長距離ドライブも快適に移動できます。こちらは、S-GLはもちろんDXグレードにも装着可能ですよ!

 

 

 

ドリンクホルダー3個付きのテーブルも重宝します。こちらはテーブルの向きを変えられるようになっているので、気分に合わせて付け替えられます。道具不要で簡単に脱着できるので、お出掛先でもすぐにできますよ。

 

 

標準ボディ用、ワイドボディ用、それぞれフロントシートのリクライニングに干渉しないサイズになっていますので、シートをフルリクライニングもできます。

 

 

最近ウッド調が新しくラインナップされました。オーク調の綺麗な色柄でハイエースの車内の雰囲気にもマッチします!ご注文の際は、テーブルカラーをブラック、またはウッド調でご指定くださいね!

 

ハイエース フットレストテーブル

 

ちょっと長くなりすぎましたので、今回はこの辺で、、、

今回ご紹介したGLADアイテムの詳細はこちら。気になるアイテムがあったら↓をクリックしてくださいね。

 

コンテナベッドはこちら

アイデアホールプレートはこちら

スイングトレーはこちら

フットレストテーブルはこちら

 

WEB CATALOG

ウェブカタログ

PONZAカタログはこちら

※一部環境では閲覧いただけない場合がございます。