コンテナベッド搭載バイクトランポにYZF-R6を積んでみました!

 

長い自粛期間を経て、ようやくイベント開催の案内があちらこちらから聞こえてくるようになりましたね。

レース関係も密をさけた新しいカタチでの開催になるようでいよいよはじまるようで、、、とてもうれしく思います(^^♪

 

さっそく明日は、地元HSR九州で「九州モトクロス選手権」が開幕します!

そして、いつも練習を頑張っているキッズライダーたちが選手権デビューします!!

FUNトラチームからは、な・な・なんと!こども店長も出場しますよ。笑

嬉しさと緊張でここ数日ニヤニヤがとまらない変なテンションになっていますが、日頃の練習の成果を出し切って思う存分楽しんでほしいと思います!

 

前置きが長くなりましたが、、、バイク繋がりということで?!先週納車したGLADコンプリート・コンテナベッドをベースに製作したバイクトランポをご紹介します。

 

ハイエースS-GL標準ボディがベース車両。ダークプライムⅡの黒い内装に広がるホワイト×ブラックラインのベッド。ウォールナット調の床貼り加工で車内がパッと明るく広く感じますね。

写真は、コンテナベッドのセンターマットをテーブル下に収納して、左ベッドだけを残したレイアウト。

車内で食事したり休憩する時もソファのようなこのスタイルが便利ですよ♪

 

ハイエースバイクトランポ R6を積んで横で就寝!コンテナベッド

 

コンテナベッドは左側が写真のように跳ね上げすることができるので、バイクを積んだり沢山の道具を積む時にはこのカーゴモードがとても便利。ベッドを跳ね上げする時は、センターマットの横にもまだまだ収納スペースが残されているので、いつも積んでおきたいシュラフや枕、着替えバッグなどもまとめて入れ込めて車内はとってもスッキリします。

基本的にはこのスタイルでバイクを積むことがメインになると思いますが、バイクを積んだまま横で寝れたらいいな~という方もいらっしゃいますよね!オフロードバイクでしたら、問題なくクリアしますが、大きなオンロードバイクは、、、????

 

ハイエースバイクトランポ R6を積んで横で就寝!コンテナベッド

 

オーナー様のバイクを実際に積み込みしてみました!

ヤマハYZF-R6 かっこいいですね~!!!

できる限り右側に寄せてバイクを積み込み。

ベッドマットはまだ縫製中だったので、棚スタイルでスミマセン。笑

 

ハイエースバイクトランポ ヤマハR6 コンテナベッド 車中泊

 

リアゲート側からもどうぞ!ステップのクリアする高さではありましたが、ステップの形状によっては干渉するかもしれません。その時はタイラップか何かで固定してもらうとバイクの隣で就寝できます。

 

ハイエースバイクトランポ ヤマハR6 コンテナベッド 車中泊

 

この他にも、バイクトランポの定番となりつつある、アイデアホールプレート、スイングトレー、フックスタンド、セカンドシートのスライドレールなどのアイテムも装備済みです。

FUNトラクションの新車パッケージは、床貼り加工、シートカバー、天井の防音断熱、エンジン回りの防音断熱は、標準装備でついてきますのでご安心を。

 

短い動画を作ってみました。よかったら覗いてみてくださいね!

GLAD・FUNトラクションのYOUTUBEチャンネルもあります。まだまだ本数は少ないですが、よかったら登録お願いいたします。

 

 

 

 

WEB CATALOG

ウェブカタログ

PONZAカタログはこちら

※一部環境では閲覧いただけない場合がございます。